会社案内

高周波技術から広がった多様な先進テクノロジーで、
進化するモノづくりの“未来”を支えます。

限りない可能性を秘めた高周波技術を発展させ、世界の自動車産業と半導体産業の成長に大きく貢献してきたパール工業。私たちは1953年の創業時より「創意工夫」をモットーにお客様のニーズに合わせて日々技術を高め、半世紀以上にわたり各業界に無くてはならない“縁の下”の存在であり続けています。

大手自動車会社グループを支える堺市・匠町工場の「FAシステム部」は、約6,900㎡の広大な敷地に第2工場を新設し、2020年に稼働を始めました。自動車の内装品を加工する製造装置の開発力はより進化し、その技術は医療用品メーカーからも大きな信頼を得ています。また、「RFシステム部」(本社工場)が手掛ける高周波電源は、国内で他社の追随を許さない高度な技術で世界の半導体製造装置メーカーから高い評価を受けています。

さらに、産学連携の取り組みでは「プラズマ遺伝子導入装置」が経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)に採択されました。そんなチャレンジングな試みができるのは、私たちに“少数精鋭”の強みがあるからです。
これからも自社技術に磨きをかけ、お客様と社会に貢献していきます。

代表取締役社長 木戸千栄子